炭水化物抜きダイエットで体臭悪化

炭水化物抜きダイエットが体臭をひどくするワケについて解説します。
MENU

炭水化物抜きダイエットが体臭を悪化させるワケとは?

炭水化物

 

炭水化物抜きダイエット、
もしくは炭水化物を食事の中から
減らした食事によるダイエットが効果的
であるということは多くの人が周知しているところかもしれません。

 

ですが、ダイエットとは異なるところで、
1つの問題が・・・

 

それが炭水化物抜きダイエットは体臭を
酷くする原因になってしまうということ!

 

なぜ炭水化物抜きダイエットが体臭をひどくするのか?

 

1つの理由が炭水化物抜きダイエットによって
極端に炭水化物を制限してしまうと、
血中に存在するケトン体と呼ばれるものが増える可能性があるからです。

 

このケトン体の自体に悪臭があり、
ツンと鼻に突くような甘い臭いが体臭の原因となる恐れがあります。

 

炭水化物抜きダイエットを行うと
そもそもなぜケトン体が増えるのか?

 

炭水化物が不足することで血中の
ブドウ糖が不足し、その影響で人の体は脂肪を
肝臓で分解することでダイエットになるわけですが、
その際に肝臓で副産物として生成されるのがケトン体なわけです。

 

しかもケトン体は肝臓で分解できないため、
血液に溶けだし、全身に循環することで
体臭となって放たれてしまうかもしれないんです。

 

また、炭水化物抜きダイエットを行う代わりに
肉類等のタンパク質過多になりがちの方も体臭には要注意です。

 

そういった動物性のタンパク質は
腸内で悪臭の原因となる悪玉菌の鉱物となる
のですが、その度が過ぎると腸内環境がさらに乱れ、
悪臭成分が大量発生することに・・・・

 

あとはその悪臭が血液を介して体臭となるんです。

 

以上のことから炭水化物抜きダイエットは
有効なダイエット法かもしれませんが、
体臭をきつくするリスクも伴う方法だというのはぜひ覚えておいてくださいね!

 

メニュー

このページの先頭へ